FC2ブログ
シカケア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料 官能小説

やばい!最強のブックメーカー!?予想を当ててポイントGET!






女性も読みやすい官能小説を、ぽつぽつと書いています。
エロな動画や写真も大好きだけど、デジタルの時代に敢えて言葉で官能を表現したくて、拙い文章ですが官能小説を書いています。

連載中の官能小説
官能小説 調教に溺れて
 あらすじ:久美子は、二日酔いの頭を抱えて全裸で目覚めた。
      布団の中は、黒々とした男性器を模った大人のオモチャ バイブレータが転がっていた。
      何故、そんな物が布団の中にあるのか、記憶が無かった。
      不安に戸惑う久美子のスマホに、見ず知らずの男性からメールが届いた。
      そこに添付されていた写真を開くと。。。
      全裸で大人のおもちゃを楽しげに使っている、久美子の姿が映し出されていた。
      そして、男からの調教が始まり、久美子の心と身体は男への愛と官能の世界に溺れていく。
女性も読みやすい官能小説です。


【官能小説 短編】
 一話完結の官能小説ですので、ちょっとした時間に、読んでもらえると嬉しいです。
 リクエストが有りましたら、コメント頂けると嬉しいですね。
 

実際にあったエッチな話】
 実話を官能小説風に仕立てて書いています。付き合った女性とのエッチな話、会社や街で見かけたちょっとした下ネタ
などを、切り取って短編仕立ての物語にしています。
 気に入った話が有りましたら、友達や同僚との会話での小噺として使ってもらっても嬉しいです。


【大人のオモチャの使い方】
 官能小説風に大人のオモチャを使った、楽しいセックスライフを紹介します。奥さんや彼女とのセックスがマンネリになり始めたとき、マンネリ解消の小道具として使ってみてください。何時もと違った官能の世界が開けてくると思います。少しでも、愛し合う2人の役にたてたら嬉しく思います。


女性のための HOW TO SEX DVD
『LOVE*48(完全版)』(ラブフォーティーエイト)
女性の性のテクニックを磨く48の方法




官能小説ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気アダルトBLOG



アダルト電子コミック
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

ヌードデッサン 2

その日の夜、お姉ちゃんと枕を並べて寝た。
お姉ちゃんは、薄いピンクの大きめのTシャツを来ていた。
仰向けに寝ている、胸の先端に小さな突起が、薄暗い明かりの中に浮かんでいた。
ブラジャーをしていない。
Tシャツの裾からはみ出した太ももが、色気を感じた。

僕は、興奮で胸が高鳴り眠ることが出来なかった。
薄闇の中で、お姉ちゃんの寝姿を見詰めていた。

Tシャツを捲りたい。
そして、お姉ちゃんの裸を見たい。
おっぱいを触りたい。

我慢が出来ない。
耐えられない。
お姉ちゃんの寝姿に勃起していた。

お姉ちゃんに向かって手を伸ばした。
腕に触れた。
反応が無いことを確かめた。

寝返りをうって、偶然手が伸びたように一人芝居をしながら、Tシャツの上からおっぱいに触れた。

柔らかく、弾力が有った。
暫く、おっぱいに手を置いたまま反応を探った。
お姉ちゃんの寝息だけが聞こえた。
Tシャツに浮き上がっている突起を、指先で撫でた。

お姉ちゃんの、身体が小さく反応をした。
僕は、指の動きを止めた。
心臓が大きく鳴った。
お姉ちゃんの反応を伺った。

寝息が聞こえた。

手をおっぱいから離すと、Tシャツの裾から剥き出しになっている、太ももに触れた。
少し汗ばんだ太ももは、柔らかく掌に吸い付いて来るよな感触だった。

Tシャツを捲った。
白いショーツが見えた。

興奮で唾を飲み込んだ。

ショーツの中に手を差し込んだ。
アンダーヘアに触れた。
ごわごわとしたヘアの感触。
ふっくらと小さく盛り上がった股間は、おっぱいと違った柔らかさが有った。

股間の奥にある割れ目に指を忍ばせようとした時、お姉ちゃんに腕を捕まれた。

僕は、心臓が止まりそうになった。

つづく

ヌードデッサン

お姉ちゃんは、東京の美術大学合格し東京のアパートに独り暮らしを初めて3年が過ぎた。
僕は、今年地元の大学に入った。

お姉ちゃんから、合格祝いしてあげるから、夏休みに東京に遊びに来ないかと誘いが来たので、僕は遊びに行くことにした。
新幹線で東京駅に着くと、お姉ちゃんがホームに立っていた。
1年ぶりに合ったお姉ちゃんは、長い髪とサングラスが似合う大人の女性になっていた。
僕を見つけると、微笑みなが手を振りホームの人混みを縫う様に駆け寄って来た。
「久しぶり。元気?」お姉ちゃんが言った。
なんだか、僕は照れ臭くうつ向きながら「うん。」と答えた。

お姉ちゃんのアパートは、都心から離れた住宅街の2階で、部屋は10畳程のワンルームに、バスとトイレが合った。
この部屋で、1週間お姉ちゃんと暮らすと思うと、胸の高鳴りを覚えた。

その夜は、駅前の居酒屋に行った。
「拓ちゃんも、飲めるでしょ。」
「飲めるよ。」
「拓ちゃんの合格祝いに乾杯。」
僕たちはビールのジョッキを合わせた。

9時過ぎに店を出ると、「酔った。」と言って、お姉ちゃんは腕を組んできた。
僕たちは、少し遠回りをして散歩をしながら歩いた。
風のない蒸し暑い夜だったけど、お姉ちゃんの温もりと時々触れる乳房の柔らかさが腕に伝わり興奮を覚えた。

このままずっと歩いていたかた。

住宅街のなかにある小さな公園のベンチに、並んで座った。
お姉ちゃんは、地面を見詰め何かを考えていた。
サンダルの爪先で地面に意味のない模様を描きながら、甘える様に軽く僕に寄り掛かっ来た。
「ねえ。」
「なあに?」
「お願いがあるの。」
「どんな?」
「変に思わないって約束してくれる?」
「約束する。」
「絶対だよ。」
「絶対。」
「大学の課題で、デッサンがあるのね。」
「うん。」
「拓ちゃんにモデルになって欲しいの。」
「いいよ。」
「ヌード書きたいの。」
「ヌード?僕の?」
「お願い。」お姉ちゃんは両手を合わせた。

僕は悩んだけど引き受けた。
お姉ちゃんも僕がヌードになるとき、一緒にヌードになって欲しいと条件を付けた。
お姉ちゃんは、バスタオルだけ巻かして欲しいと言ったので、僕はその条件をのんだ。

つづく

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

官能小説【調教に溺れて】第43章 植物園

バスを降りると、日差しが肌を突き刺してきた。
高志は、久美子の後姿を眺めた。
久美子は、恥かしげにTシャツの裾を押さえた。
それが、返ってお尻の膨らみを際だだせ、日差しにうっすらとお尻の割れ目が透けていた。
あと15センチ、Tシャツの裾を捲ればノーパンのお尻が丸見えになると思った。

久美子は、ノーパンであると言うことが、こんなにも不安で落ち着かない事なのかと思った。
不安を掻き消そうと、高志の腕に強く腕を絡ませた。

二人は、伊豆の高原にある公園を散歩した。
公園の中は、動物園と植物園に分かれていた。
久美子は、動物園の中を散歩しながらも、次は高志にどんな調教をされるのかそればかりを気にしていた。
動物達を楽しむ、余裕が無かった。
高志からの、エッチな命令は特に無かった。

二人は、植物園の温室に入った。
温室の中は、広く大きな迷路のような小道が続いていた。
のんびりと腕を組んで歩く二人を、家族連れが抜かしていくと人影が途絶えた。
「写真を撮ろう。」高志が言った。
高志は、久美子を西部劇の映画に出てきそうな背の高いシャボテンの前に立たせた。
「Tシャツを捲って。」
久美子は、言われるままにTシャツの裾を捲った。
アンダーヘアーが露出した。

シャッターを切る音が、温室に響いた。
シャッター音が、久美子の淫らな心を刺激した。

「脱いで。」高志が言った。
久美子は、躊躇った。
人の来る、気配は無かった。
「早くしないと、誰か来るよ。」高志が言った。
思いっきり、Tシャツを脱ぎ、温室の中で、全裸になった。
恥かしさと緊張で、心臓が音を立てて、高鳴った。

シャッター音が、連続して響いた。
カメラに視漢されているような気になった。
高志は、久美子の前にしゃがむとカメラを構えた。
「もっと、足を開いて。」
久美子は、言われるままに足を開いた。
シャッター音が、やけに大きく聞こえ身体が反応をしてしまう。
「濡れているよ。」
濡れているのは、自分でも分っている。
恥かしいから、そんな事を言わないで。
高志の言葉に、淫らな身体が反応をしてしまうから、そんなことを言わないで。
自分で自分を抑えられなくなってしまいそう。
身体を舐めるように、シャッター音が聞こえる。

その時、後方から話し声が聞こえて、久美子は慌ててTシャツを着た。

つづく

ワークウーマンシェアリング

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

化粧 完

今日の夜、香りと二人で食事に行く。
香が何故、美津子を食事に誘ったのかはわからない。
美津子は、一人で期待を膨らませては、そんなことは無いとそれを否定した。
理由は分らないけれど、香と二人で食事に行くという事実だけでも嬉しかった。

鏡の前で、普段はしない化粧をした。
今日だけでも、綺麗になりたかった。
女として、初めて綺麗になりたいと思った。
化粧を終えると、たった一着持っている、ワンピースを着た。

鏡の前に立って全身を映した。
全てがぎこちない気がして、なんだか気恥ずかしかった。
それでも、せめて今日だけでも綺麗になりたかった。

会社に行くと、特に誰も何も言わなかった。
何時もの様に仕事をし、何時もの様に時間が流れていった。
何時もと違うのは、美津子は何時も以上に時間が過ぎるのを気にしていたことだった。
定時が近づいてくると、美津子の心がそわそわと落ち着きが無くなった。
何処か遠くを見る振りをして、目の隅で香を見詰めた。

香は、普段と変わりが無くパソコンのキーボードを叩き、誰かに声を掛けられると何時もの笑顔で何かを答えていた。
美津子は、誰にでも平等に分け与える、香の笑顔に嫉妬を覚えた。
その笑顔を、私だけに見せて欲しいと思った。

胸が締め付けられるように苦しい。

やがて定時を知らせるチャイムが鳴った。
何人かの人が、机の上の書類を片付けはじめ、残業をする人が休息のトイレや喫煙室に向かって立ち上がった。
何時もと変わらない風景が流れた。

香が近づいて来た。
「出れます?」残業をする人に遠慮するように、香が小声で美津子に言った。
香の小声が、美津子には皆には知られたくない、秘密のデートの誘いの様に感じられた。
「あと、15分。」美津子が小声で言った。
香は頷くと「玄関の処にいます。」と言った。
本当は、15分も掛からなかった。
今、直ぐにでも仕事を終わらせることが出来た。
でも、あと15分と答えてしまった。

その15分が、仕事にならなかった。
意味も無く、パソコンのメールをチェックして過ごした。

14分が過ぎると、美津子は机の上を片付け、パソコンをシャットダウンしてトイレに行った。
そして、鏡の前で化粧をチェックして、赤い口紅を引きなおした。
緊張をしている。
心臓がドキドキとしている。

1階に下りると、玄関に香が佇んでいた。
美津子を見つけると、いつもの可愛い笑顔を美津子にぶつけて来た。
「お待たせ。」美津子は、緊張を笑顔で隠しながら言った。
香と並んで歩いた。
それだけで、幸せを感じた。
お店なんて入らなくていいから、このまま香りと歩いていたかった。
「何か食べたいものあります?」香が言った。
「何でもいいわよ。」胸が高鳴り、緊張を隠すために口調がぶっきらぼうになってしまう。

香が選んだ店は、お洒落な居酒屋だった。
テーブルが、仕切られていて半個室のようになっていた。

生ビールで乾杯をし、ひと時を雑談で過ごした。
3杯目のビールを頼んだとき、会話が一区切りした。
「美津子さんには、ずっとお世話になっていて、だから初めに話をしたかったんです。」
香はそう言うと、少し間を空けた。
美津子は、香を見詰めた。
「私、4月に結婚をするんです。」
美津子の心の中にある何かが崩れそうになった。
「そうなんだ。おめでとう。」心と裏腹に、やけに明るい声が出た。
「ありがとうございます。」笑顔で答える香を見て、心の中に惨めな気持ちが湧き上がって来た。
「相手はどんな人?」
香が、結婚相手の男性の話を始めた。
香の声が遠くに聞こえ、何も頭の中に入って来なかった。
香の話を、ただ頷くだけだった。
涙が出そうになった。
お店を出て、一人になりたいと思った。

”本当は、私も香が好きなの。”
その言葉を何度も言いそうになった。
でも、言い出すことが出来なかった。

香と分かれて、通いなれた夜道を一人歩いた。
流れるな、涙。
流れるな、涙。

美津子は、立ち止まり夜空を見上げた。
蒼い月が、ジングルベルに包まれていた。

終わり



テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。