FC2ブログ
シカケア

【調教の果てに 想いをよせて】第2章 猫のように舐める女

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【調教の果てに 想いをよせて】第1章 罠に嵌めた女

【調教に溺れて】 高志の視点で書いた官能小説です。


高志と昭は、新宿の居酒屋で飲んでいた。
2人とも、来年30歳になるが定職も持たずに、フラフラと生きていた。
彼らの仕事は、ガキに合法ドラックを売ったり、ナンパした女を売ったりして日銭を稼いでいた。
合法ドラックや女を売るといっても、昔のように街や風俗店で直接売ったりとかはしなかった。
全てネットを使用していた。

高志は女を口説くのが上手かったし、昭はパソコンやネットワークに精通していた。

昭は、ポッチャリと太っていて何をやても不器用でとろかったが、パソコンの知識だけは凄かった。
高志は、外見は優しそうで口が上手く度胸だけは有った。
2人は同じ歳だったが、昭は高志を兄貴のように尊敬をしていた。

新宿の居酒屋で、昭の後ろの席に女性が4人で飲んでいた。
昭は、後ろの席の4人の会話に聞き耳を立てていた。
そして、カバンから小さなメモ帳を取り出し、”みずいろワンピース ひとりくらし”と汚い字で書いて高志に渡した。
高志は、メモ帳を読むと「汚ねえ字だな。漢字も書けねえのかよ。」と小声で言い昭に返した。
昭は照れたように頷くとメモ帳をカバンに仕舞った。

22時を過ぎた頃になって、4人のテーブルに新しい酎ハイが運ばれたのを確認すると、高志は昭に向かって合図を送った。
昭は、手でOKマークを作った。

高志は突然大きな声で「だから、おめえはダメなんだよ。」と言った。
4人の女性が、驚いたように高志をチラっと見て、直ぐに目を逸らした。
「俺だって一生懸命なんだよ。」昭が言った。
「デブが一生懸命やったって、所詮、クズなんだよ。」高志が大きな声で言った。
昭が突然立ち上がり「クズってなんだよ。」と泣きそうな声でテーブル越に高志に詰め寄った。
「クズじゃねえか、クズクズのデブだろうが。」
「そんな言い方ひどいだろ。」
昭は、そう言いながらポケットから、手のひらに収まるぐらいの大きさの小瓶を取り出し蓋を開けた。
「うるせえな。あっち行けよ。」高志は、昭が瓶の蓋を開けるのを確認すると、水色のワンピースを着た久美子の方に向かって昭を両手で突き飛ばした。
昭は大袈裟によろけた。
高志は、昭のよろけ方を見て”業とらし過ぎる”と思った。

昭は、よろけながら後ろの久美子達が座っている後ろのテーブルに手を突いた。

4人の女性たちの小さな悲鳴が上がり、4人が立ち上がった。

「すみませ~ん。」高志が大きな声を出した。
4人の女性が一斉に高志を見た。

昭は、その隙に久美子の酎ハイに手に持っていた小瓶の中の液体を注いだ。


つづきは無修正画像付きで有料でお願いします。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。