FC2ブログ
シカケア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能小説【調教に溺れて】第43章 植物園

バスを降りると、日差しが肌を突き刺してきた。
高志は、久美子の後姿を眺めた。
久美子は、恥かしげにTシャツの裾を押さえた。
それが、返ってお尻の膨らみを際だだせ、日差しにうっすらとお尻の割れ目が透けていた。
あと15センチ、Tシャツの裾を捲ればノーパンのお尻が丸見えになると思った。

久美子は、ノーパンであると言うことが、こんなにも不安で落ち着かない事なのかと思った。
不安を掻き消そうと、高志の腕に強く腕を絡ませた。

二人は、伊豆の高原にある公園を散歩した。
公園の中は、動物園と植物園に分かれていた。
久美子は、動物園の中を散歩しながらも、次は高志にどんな調教をされるのかそればかりを気にしていた。
動物達を楽しむ、余裕が無かった。
高志からの、エッチな命令は特に無かった。

二人は、植物園の温室に入った。
温室の中は、広く大きな迷路のような小道が続いていた。
のんびりと腕を組んで歩く二人を、家族連れが抜かしていくと人影が途絶えた。
「写真を撮ろう。」高志が言った。
高志は、久美子を西部劇の映画に出てきそうな背の高いシャボテンの前に立たせた。
「Tシャツを捲って。」
久美子は、言われるままにTシャツの裾を捲った。
アンダーヘアーが露出した。

シャッターを切る音が、温室に響いた。
シャッター音が、久美子の淫らな心を刺激した。

「脱いで。」高志が言った。
久美子は、躊躇った。
人の来る、気配は無かった。
「早くしないと、誰か来るよ。」高志が言った。
思いっきり、Tシャツを脱ぎ、温室の中で、全裸になった。
恥かしさと緊張で、心臓が音を立てて、高鳴った。

シャッター音が、連続して響いた。
カメラに視漢されているような気になった。
高志は、久美子の前にしゃがむとカメラを構えた。
「もっと、足を開いて。」
久美子は、言われるままに足を開いた。
シャッター音が、やけに大きく聞こえ身体が反応をしてしまう。
「濡れているよ。」
濡れているのは、自分でも分っている。
恥かしいから、そんな事を言わないで。
高志の言葉に、淫らな身体が反応をしてしまうから、そんなことを言わないで。
自分で自分を抑えられなくなってしまいそう。
身体を舐めるように、シャッター音が聞こえる。

その時、後方から話し声が聞こえて、久美子は慌ててTシャツを着た。

つづく

ワークウーマンシェアリング
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

官能小説【調教に溺れて】第42章 バスの中で。。。 2

久美子は、目を閉じた。
バスのエンジン音と、振動が身体に伝わってくる。
誰もいないと思い込む。
バスに乗っているのは、高志と私だけと思い込む。
高志が、私のおまんこを見たいと言った。
見せてあげた。
望みを叶えてあげたい。

シートに浅く座ると、目を閉じたまま、両足を前の座席の背もたれに掛けた。
足を開き、Tシャツを捲った。
紐パンの紐に手を掛けると、結び目を解いた。
桃の皮を剥くように、パンティを捲った。

無防備に剥き出しになった股間が、高志に見えている筈だ。

目を閉じていても、股間に高志の視線を感じた。
「皆が見ているよ。」高志が耳元で囁いた。

目を閉じたまま、バスの乗客、全員の視線が私の股間に注がれていることを想像した。
恥ずかしい。
恥ずかしさが、吐息となって漏れてしまいそう。
厭らしい視線を股間に感じ、身体が感じてしまう。

私は、本当は見られたいの?
見られたくないのに、見られたいの?

愛液が、湧き出してくるのが自分でも分る。
太ももの付け根を触られた。
優しく撫でるように触られた。

「知らない人が触っているよ。」志が耳元で囁いた。

分っている。
触っているのは高志。
これは、高志の触り方。

知らない男性に触れていることを想像する。
高志の前で、高志に見られながら知らない人に触られているのを想像する。
私は、愛する人の前で、知らない男性に触られて感じてしまう淫らな女。

触って欲しい。
もっと、ちゃんとクリトリスを触って欲しい。
自分がバスの中にいることを、忘れてしまいそう。
微かに残っている理性で、漏れそうになる声を我慢する。

目を閉じたまま、高志の股間に手を伸ばした。
ズボンの上からも、勃起しているのが分る。
私の淫らな姿を見て、高志も興奮をしている。
それが、更に久美子の心に火を付ける。

入れて欲しい。
私の濡れた、おまんこの中に高志のペニスを入れて欲しい。
発情期の野良犬の様に、高志のペニスを挿入して欲しい。

あああっ。
私は、狂ったように溺れていく。

高志の指の動きが止まり、捲られたTシャツが戻された。
「降りるよ。」高志はそう言うと、パンティを股間から引き抜いた。
久美子は、裾丈が長めのTシャツ1枚で立ち上がった。

つづく

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

官能小説【調教に溺れて】第41章 バスの中で。。。

お土産屋を出ると、駅前のバス停から大きな公園に向かうバスに乗った。
二人は並んで、バスの一番後ろの座席に座った。
久美子が窓側に座り、高志が隣に座った。
バスの座席は、八割がた観光客で埋まっていた。
二人の前の座席には、20歳ぐらいの大学生のような若いカップルが座っていた。

バス停で停車していたバスは、定刻になるとエンジン音を振動を響かせてロータリーを発車した。
観光地の道路は混雑をしていて、ゆっくりと走るバスの振動に揺られていると、眠気が襲い高志の肩に凭れて眠った。
途中、目が覚めると高志も眠っていた。
久美子は、高志の横顔を眺め、そっと手を繋ぐと高志の肩に頭を預け目を閉じた。
こんな小さなことが、幸せに感じた。
道路の果てまで、ずっとバスが走り続ければいいと思った。

高志の手を、少し強く握った。
いつの間にか、高志が目覚めたのか、高志も強く手を握り返してきた。
久美子は、更に強く握った。
高志が、強く握り返す。
久美子が、握り返す。

ローターのスイッチが入った。
細かな振動で、クリトリスが刺激をされた。
喘ぎ声が出そうな口元を、高志の唇が塞いだ。
「んっ。」唇が離れた。
「ずるい。」久美子が言った。
「ホットパンツを脱いで。」
「今?」
「今。」
「ここで?」
「ここで。」
久美子は、バスの中を見回した。
「誰も見ていないよ。」高志が言った。
乗客は皆、前を向いているか、窓の外の景色を眺めていた。
でも、目の前に多くの乗客がいる。
皆の前で脱ぐ。

こんな場所で脱ぐ。

誰かに見られたら。

恥ずかしい。
恥ずかしくて眩暈がしそうだった。

その間も、ローターの振動がクリトリスを刺激していた。
この場所で、高志に触って欲しいとの欲望も湧いてくる。

久美子は、裾の長いTシャツの裾を太ももまで伸ばし、ファスナーを下ろすと一気にホットパンツを脱いだ。

「それじゃぁ、見えないよ。
 Tシャツの裾を捲って、両足を椅子に掛けてM字に開いて、
 パンティの股間の裂け目を自分で開いてごらん。」


ポケット付きオープンレース
ポケット付きオープンレー  280 円



久美子は、高志の顔を見た。
そんな恰好をしたら。。。
前のカップルが、何かの拍子に後ろを振り向いたら。。。
見られてしまう。。。

高志が、久美子の耳元に口を寄せて囁いた。
「久美子の、おまんこが見たい。」

つづく



テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

官能小説【調教に溺れて】第40章 久美子の悪戯

久美子は、高志が望むままに、ローターを装着した紐パンを穿き、ノーブラに脇と胸元が大きく開いた、大き目の薄いブル

ーのTシャツを着た。
前屈みになると、胸元と脇から乳房と先端にある乳首が覗けた。
胸を張れば、乳首の突起がTシャツを盛り上げていた。
どんな姿勢を取っても、ノーブラであるということがばれてしまう。

そして、デニムのショートパンツを穿いた。
大き目のTシャツは、ショートパンツより丈が長く立ち上がるとショートパンツを穿いていないみたいだった。
高志がローターのスイッチを入れると、デニムの生地に圧迫されていたローターがクリトリスを刺激した。
「あっ。」久美子は小さな声を出すと、股間を押さえた。
街中で突然スイッチを入れられてしまったら。。。
感じてしまう。。。
歩けなくなってしまう。
恥ずかしい声を出してしまう。

高志は、ローターのスイッチを切ると「出かけようか。」と言った。

車は、ホテルの駐車場に置いた。
あえて電車とバスを使って、観光をすることにした。
久美子を、人前で晒すためだった。

外に出ると、夏の日差しが久美子を突き刺した。
背中に汗が流れ、日差しはTシャツを透かしてうっすらと乳首と乳輪影が見えた。
久美子は、高志と腕を組んで胸を隠すように歩いた。

ホテルからバスに乗り、街中に出た。
通りには、お土産屋が並び観光客で溢れていた。
お土産屋を覗きながらも、久美子の心は落ち着かなかった。
何時、高志がローターのスイッチを入れるのか?
そればかりを気にしていた。
部屋を出てから、まだ、ローターのスイッチは入らなかった。

私は、もしかしてローターのスイッチが入ることを期待しているのだろうか。と思った。

久美子は、ローターの事にばかり気を取られ、ノーブラであることを忘れていた。
前屈みに、お土産を見ていた脇に視線を感じた。
家族連れのお父さんが、横目で奥さんにばれないように、チラチラと見ていた。
高志もその視線に気付いた。
「さり気なく、胸を押し付けてやれ。」高志が耳元で言った。

久美子の心臓が高鳴り緊張をした。
お土産屋の狭い通路で、温泉まんじゅうを眺めていた男性の後ろに回ると、男性が眺めていた温泉まんじゅうを手に取る振

りをしながら、男性の背中に胸を押し付けた。
突然、ローターが振動しクリトリスを刺激した。
男性に胸を押し付けることに、意識を集中したために油断した。
「アウッ。」男性の耳元で喘ぎ、膝が崩れてしまいそうになるのを防ぐために、男性の腕にしがみ付くいてしまった。
男性が驚いた様に、振り向いた。
「ゴメンナサイ。」久美子の声はカスレ、どこか色っぽかった。
男性は、明らかに離れた所にいる奥さんを気にしながら「大丈夫ですか?」と言った。
ローターの振動が、止まらなかった。
久美子は、声が出てしまいそうなるのを堪えるように、しがみ付いた男性の腕に力を入れた。
男性には、久美子が泣き出すのを我慢しているように見え、妖しい色気を感じた。
そして、先ほど、Tシャツの脇から見えた乳房と乳首が、背中に当たっていると思うと、男性のペニスは窮屈なGパンの中

で勃起した。
家族がいなければと、ふっと思った。

ローターの振動が止んだ。

久美子は、高志に視線を向けた。
高志が、小さく笑顔で頷いた。
「ごめんなさい。大丈夫です。」久美子は、そう言うと高志の所に行った。
男性は、呆然と久美子を見詰めていた。
高志の横に並ぶと、やっと緊張が解けた。
手には、買う気も無い温泉まんじゅうの箱を持っていた。

喉がやけに渇いていた。

「記念品。」高志は、そう言うと温泉まんじゅうを買った。
久美子は、自分でも気が付かないうちに、股間が異常に濡れているいることに歩き始めて気が付いた。

つづく

合コン・婚活・恋愛・出会いをプロデュース「いつコン!!」







金利の高いローンを金利の低いローンに一本化したい方向けの商品です。
おまとめローンなら中央リテール





官能小説【調教に溺れて】第39章 紐パンでお出かけ

久美子は、新宿の居酒屋で目をつけて、調教の罠に嵌めた女だった。
そして、高志の企てた目論見通りに、久美子は罠に堕ちた。
全てが筋書き通りに事が運んでいると、高志は思っていた。
その筋書きが、崩れそうになっていた。
久美子を誰にも渡したく無いと思い始めていた。

惚れたのか。
まさか、俺は、久美子に惚れてしまったのか。

ミイラ取りがミイラになってしまった。

久美子の中に有る、井戸の様に深い性愛に逆に飲み込まれてしまいそうだった。
久美子自身も気付いていない、久美子の心の奥に隠し持っている、深い性に対する情念を暴き出したら。。。
俺に対する真直ぐなマゾ的な性愛と、弘之に見せたサディスティックな表情。
ダイヤを発掘したと思った。
久美子を奴隷ではなく、俺のパートナーに育て上げる。

久美子の心中に有る強烈な性に対する欲望を包んでいる、道徳という殻を剥ぎ取ってやる。
そのために愛情を持って、久美子を羞恥の渦に晒してあげようと思った。

「久美子。」
「ん?」
「本当に、裸で街を歩けるか?」
「高志が、歩いて欲しいと言うのなら歩くわ。
 歩いて欲しいの?」
久美子の、言葉に迷いが感じられなかった。
「警察に捕まるからな。」
「そうね。
 街は無理ね。
 誰もいないところなら、大丈夫かしら。」
久美子は、裸で外を歩く気満々だった。
「今日は、この下着を穿いて。」

ポケット付きオープンレース
ポケット付きオープンレー  280 円


高志が取り出したパンティは、黒の紐パンだった。
久美子は、パンティを手に取り一通り眺めた。
レースの生地で、アンダーヘアが透けて見えそうだった。
股間の部分に穴が開いていて、クリトリスの辺りにポケットが有った。


高志は、ローターを取り出すと、パンティのポケットの部分にローターを差し込んだ。

ネモ
ネモ 2,280 円


「穿かせてあげる。」
高志が、パンティを穿かせてくれた。
私の前にしゃがみ、紐パンの紐を腰の辺りで結んでくれた。

高志は、紐パンを穿かせると手に持っていた、ローターのリモコンのスイッチをこっそり入れた。
「あ~っ。」久美子は、突然、クリトリスにローターの振動を感じ、股間を押さえながら声をだした。
「街中で裸にはなれないけど、これなら街中で感じることは出来る。」
「刺激的。」
「それから、バイブを何処で使おうかな。」

白い巨根
白い巨根 1,060 円


高志が、私を感じさせたいと思った時に、街中でローターでクリトリスを刺激され、バイブで膣を刺激される。
想像しただけで、久美子は濡れていた。

つづく

アメリカの人気ランジェリーブランド「Leg Avenue(レッグアベニュー)」通販です。
セクシーランジェリーの大本命、Leg Avenue(レッグアベニュー)を販売開始!
セクシーランジェリーを見ているだけでも楽しいですし、パートナーへのプレゼントにも喜ばれます。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。