FC2ブログ
シカケア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能小説【調教に溺れて】第42章 バスの中で。。。 2

久美子は、目を閉じた。
バスのエンジン音と、振動が身体に伝わってくる。
誰もいないと思い込む。
バスに乗っているのは、高志と私だけと思い込む。
高志が、私のおまんこを見たいと言った。
見せてあげた。
望みを叶えてあげたい。

シートに浅く座ると、目を閉じたまま、両足を前の座席の背もたれに掛けた。
足を開き、Tシャツを捲った。
紐パンの紐に手を掛けると、結び目を解いた。
桃の皮を剥くように、パンティを捲った。

無防備に剥き出しになった股間が、高志に見えている筈だ。

目を閉じていても、股間に高志の視線を感じた。
「皆が見ているよ。」高志が耳元で囁いた。

目を閉じたまま、バスの乗客、全員の視線が私の股間に注がれていることを想像した。
恥ずかしい。
恥ずかしさが、吐息となって漏れてしまいそう。
厭らしい視線を股間に感じ、身体が感じてしまう。

私は、本当は見られたいの?
見られたくないのに、見られたいの?

愛液が、湧き出してくるのが自分でも分る。
太ももの付け根を触られた。
優しく撫でるように触られた。

「知らない人が触っているよ。」志が耳元で囁いた。

分っている。
触っているのは高志。
これは、高志の触り方。

知らない男性に触れていることを想像する。
高志の前で、高志に見られながら知らない人に触られているのを想像する。
私は、愛する人の前で、知らない男性に触られて感じてしまう淫らな女。

触って欲しい。
もっと、ちゃんとクリトリスを触って欲しい。
自分がバスの中にいることを、忘れてしまいそう。
微かに残っている理性で、漏れそうになる声を我慢する。

目を閉じたまま、高志の股間に手を伸ばした。
ズボンの上からも、勃起しているのが分る。
私の淫らな姿を見て、高志も興奮をしている。
それが、更に久美子の心に火を付ける。

入れて欲しい。
私の濡れた、おまんこの中に高志のペニスを入れて欲しい。
発情期の野良犬の様に、高志のペニスを挿入して欲しい。

あああっ。
私は、狂ったように溺れていく。

高志の指の動きが止まり、捲られたTシャツが戻された。
「降りるよ。」高志はそう言うと、パンティを股間から引き抜いた。
久美子は、裾丈が長めのTシャツ1枚で立ち上がった。

つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

グレースさん
コメントありがとう。

バスの中でやってみたいですよね。
私も憧れます!

No title

バスの中でのこういう行為も憧れます。v-9
プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。