FC2ブログ
シカケア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌードデッサン 2

その日の夜、お姉ちゃんと枕を並べて寝た。
お姉ちゃんは、薄いピンクの大きめのTシャツを来ていた。
仰向けに寝ている、胸の先端に小さな突起が、薄暗い明かりの中に浮かんでいた。
ブラジャーをしていない。
Tシャツの裾からはみ出した太ももが、色気を感じた。

僕は、興奮で胸が高鳴り眠ることが出来なかった。
薄闇の中で、お姉ちゃんの寝姿を見詰めていた。

Tシャツを捲りたい。
そして、お姉ちゃんの裸を見たい。
おっぱいを触りたい。

我慢が出来ない。
耐えられない。
お姉ちゃんの寝姿に勃起していた。

お姉ちゃんに向かって手を伸ばした。
腕に触れた。
反応が無いことを確かめた。

寝返りをうって、偶然手が伸びたように一人芝居をしながら、Tシャツの上からおっぱいに触れた。

柔らかく、弾力が有った。
暫く、おっぱいに手を置いたまま反応を探った。
お姉ちゃんの寝息だけが聞こえた。
Tシャツに浮き上がっている突起を、指先で撫でた。

お姉ちゃんの、身体が小さく反応をした。
僕は、指の動きを止めた。
心臓が大きく鳴った。
お姉ちゃんの反応を伺った。

寝息が聞こえた。

手をおっぱいから離すと、Tシャツの裾から剥き出しになっている、太ももに触れた。
少し汗ばんだ太ももは、柔らかく掌に吸い付いて来るよな感触だった。

Tシャツを捲った。
白いショーツが見えた。

興奮で唾を飲み込んだ。

ショーツの中に手を差し込んだ。
アンダーヘアに触れた。
ごわごわとしたヘアの感触。
ふっくらと小さく盛り上がった股間は、おっぱいと違った柔らかさが有った。

股間の奥にある割れ目に指を忍ばせようとした時、お姉ちゃんに腕を捕まれた。

僕は、心臓が止まりそうになった。

つづく

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。