FC2ブログ
シカケア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【調教に溺れて】第8章 あなたのペニスに触れたい。。。

久美子は、全裸でパソコンの前に座った。
Webカメラで画面に映る高志の顔を見た。

高志がTシャツを脱ぐと、トランクス一枚になった。
想像以上に、筋肉質の体型をしていた。
久美子の視線は、画面に釘付けになり、高志の次に取る行動を無意識に期待していた。
トランクスを脱ぐのを期待していた。
トランクスの中にある、いきりたったおちんちんが見たい。

高志は、悪戯を思いついた子供のような笑顔になった。
「何を期待していたのか、正直に言ってごらん。」と言った。
ドキッとした。
久美子の淫らな思いを、全てを見透かされている。
お尻を見られた時とは違う恥ずかしさが、誰にも言えない心を見られた恥ずかしさ湧き上がって来た。
恥じらいと迷いが交差し、久美子は沈黙をした。
「躊躇わないで。
 心を、少し開放してごらん。」
心の開放。
高志の言葉が、じわりと染み込んで来た。
「なんだか、怖いの。」
「大丈夫だよ。」
「私が、私で無くなってしまいそう。
 私の中に、こんなにも淫らな部分があったなんて。
 今までだったら、ありえないって否定をしていた様なことなのに。」
「少しずつ、心も身体もさらけだせるように、なりたいな。」
「そうね。」
「今思っていることを口に出して。」
久美子は、黙った。
高志は、じっと久美子の言葉を待っていた。

口にだしてみたい。
でも、、、、
淫らな女だと、高志に嫌われるのが怖い。
高志、もっと私の背中を押して。

「何を言っても大丈夫だよ。」
久美子は、高志の言葉を信じた。

「トランクスを脱いで。
 高志のおちんちんが見たいの。」

私は、どうしようもなく淫らな女になってしまった気がした。
でも、それは嫌な感覚ではなかった。
久美子は、自分の言葉に興奮を覚えた。

高志は、立ち上がるとトランクスを脱いだ。
画面に勃起したペニスが映った。
久美子は、硬く起立したペニスの亀頭はピンク色で、それを美しいと思った。

バイブを手に持って。」
言われた通りにバイブを手にした。
久美子は、赤い舌を出すと、ペニスの形をしたバイブの亀頭の先端を舌先で舐めた。
息遣いが荒くなっていった。

思考が止まってしまった感覚を覚えた。
高志のペニスに触れたい。それだけを思った。

そして、空いている左手で、画面に映る高志のペニスに触れた。

つづく



久美子が使用しているバイブの情報は”続きを読む”へ
ボス バックストレート&リアルブラック
ボス バックストレート&リアルブラック

リアルブラックは 2,780 円
かなりパワフルですので、カラス的には、実際には初心者は使わない方がいいと思います。
官能小説上、リアルブラックを想定して久美子に使わせています!!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒いカラス

Author:黒いカラス
日々文章でエロを求めているオヤジです。
頭の中の妄想を、官能小説にしています。
エロな気分のお時間のあるときに遊びに来てください。

カテゴリ
お勧めセクシーランジェリー
官能的な夜のために。勝負下着に。
リンク
相互リンク申請お願いします
官能小説リンク
カラスお勧めの官能小説です。
萌木ケイの官能小説


官能小説セレクション
女性の秘部
淫らな女性の秘部を公開!
20050.gif
ランキング

FC2Blog Ranking

アダルトブログランキング
アダルトブログをもっと見たい人クリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問者
リアル訪問者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のランキング
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 200

紹介文:自称 プロナンパ師 高志がナンパした女 久美子の愛欲にやがて高志が溺れていく。。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト
アダルトグッズ 官能小説 ライブチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。